電話番号 0894-22-0163

〒796-0088 愛媛県八幡浜市1536-118

愛媛県八幡浜市にある宇都宮病院です。内科、消化器内科、外科、婦人科

採用情報
医療機関の方へ
Mobile

消化器内科

食道、胃、腸、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓の疾患の診断と治療を行っています。検査については胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、超音波検査を行っております。

緊急例だけでなく、必要に応じて受診当日の内視鏡検査やCT、超音波検査を行い、早期診断と治療に努めています。

腹痛や吐血や下血、その他おなかの症状があれば一度ご相談ください。
また当院ではピロリ菌の除菌も行っておりますので合わせてご相談ください。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃カメラを受けないといけない人って?

・胸やけ、胃痛などの症状がある
・検診のバリウム検査で引っかかった
・ピロリ菌が陽性と言われた
・腫瘍マーカーが高い
・胃潰瘍や胃がんの既往がある

胃がもたれる、時々痛む、お腹がはる、吐き気がするなど調子が悪ければ胃内視鏡検査を受けてください。
胃がんなどの早期発見のために定期的な検査をお勧めします。

当院の胃カメラ
当院では苦痛を減らし、時間的な負担が少なくなる工夫をおこなっています。

  1. ①麻酔薬を使って眠っている間に検査を行うことができます。
  2. ②できるだけ細いカメラを使用しています。
  3. ③当日の検査も可能です。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸カメラを受けないといけない人って?

・便潜血検査で陽性になった
・下痢や便秘の症状がひどい
・腫瘍マーカーが高い
・CTで大腸の腫れが見つかった

近年では、食生活の欧米化により、大腸がんが急増しています。大腸がんの早期には症状のない場合が多く、発見が遅れる場合があります。しかし、大腸内視鏡検査での早期発見(ポリープのうちに切除すること)により大腸がんによって命を落す可能性をほぼゼロにすることが可能です。
早期発見のために定期的な検査をお勧めします。

当院の大腸カメラ
当院では苦痛を減らし、時間的な負担が少なくなる工夫をおこなっています。

  1. ①麻酔薬を使って眠っている間に検査を行うことができます。
  2. ②大腸ポリープを見つければ、その場で取り除くことができます。
  3. ③大腸ポリープ切除は日帰り手術も1泊入院も可能です。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの病気の原因となる菌です。
ピロリ菌に感染している方は除菌をおすすめします。

ピロリ菌の除菌ってどうするの?

一週間、除菌用のお薬を飲んでもらうだけです。
3か月後に除菌できたかの判定検査(息を吹くだけの検査)を行います。

除菌やピロリ菌の検査をするには、まず胃カメラを受ける必要があります。また、次の①〜⑤の病気の患者様は保険適用となります。

  1. ①内視鏡検査または造影検査で胃潰瘍または十二指腸潰瘍と診断された患者様
  2. ②胃MALTリンパ腫の患者様
  3. ③特発性血小板減少性紫斑病の患者様
  4. ④早期胃がんに対する内視鏡的治療後(胃)の患者様
  5. ⑤内視鏡検査でヘリコバクター・ピロリ感染胃炎と診断された患者様
  • ※胃カメラは嫌だけど、ピロリ菌の感染があるかどうか知りたい、ピロリ菌の除菌はしておきたい、という方はご相談ください。自費で治療が可能です。
ページTOPへ戻る